ニュース&トピックス

PMBOKガイドの契約タイプ


日本のIT産業では、購入者、納入者間で請負、準委任、派遣契約が締結される。

これとPMBOKガイドに出てくる『契約タイプ』には、どんな関係があるのか、PMBOKの学習を始めたころはサッパリ分からなかった。

 

それでは、少し整理をしてみる。

IT産業の中のソフトウェア開発契約の代表的な契約形態は以下の通りである。

1.請負契約

「ソフトウェア受託開発契約」、「業務委託契約」などと呼ばれる場合もある。納入者が請負目的物の完成に対する義務を負う。

2.準委任契約

「ソフトウェア受託開発契約」などと呼ばれる場合もある。納入者が受任したサービスに対する善管注意義務(納入者の業種、業務などに応じて要求される仕事を行わなければならないという義務)のみを負う契約である。

3.派遣契約

「ソフトウェア開発要員派遣契約」などと呼ばれる。ソフトウェア技術者を所定の期間、決められた場所に派遣する、労働者派遣法に基づく契約である。納入者は契約で定められた能力を保有する要員を派遣する義務のみを負う。また、派遣された要員の労務管理・監督責任は購入者側にある。

 

要するに、三契約とも仕事の遂行で購入者、納入者のどちらに責任、義務、指揮系統などがあるか、の違いに依る。

 

一方、PMBOKガイドに出てくる『契約タイプ』には、よく使用される契約タイプとして以下が紹介されている。

1.定額契約(Fixed Price Contract)

・      完全定額契約(FFP契約)

・      インセンティブ・フィー付き定額契約(FPIF契約)

・      経済価格調整付き定額契約(FP-EPA契約)

2.実費償還契約(Cost Reimbursable Contract)

・      コスト・プラス定額フィー契約(CPFF契約)

・      コスト・プラス・フィー契約(CPF契約)

・      コスト・プラス・インセンティブ・フィー契約(CPIF契約)

・      コスト・プラス・アワード・フィー契約(CPAF契約)

3.タイム・アンド・マテリアル契約(T&M契約)

 

要するに、金銭のリスクを購入者、納入者のどちらが負担するのかに注目している。

 

そこで、請負、準委任、派遣契約とPMBOKガイドの『契約タイプ』を結びつけると、

 

請負契約:完成した業務の結果に対し支払われるものであり、一般的には定額契約になる。

準委任契約:期間や工数単位で支払われるものであり、一般的には実費償還契約になる。

派遣契約:労働力を提供することから、期間や工数単位で支払われるものであり、一般的には実費償還契約やタイム・アンド・マテリアル契約になる。

  支払方法は当事者同士で合意すれば任意に決められるのだが、日本のソフトウェア開発ではめったに行われない。何故なら、日本では、ITエンジニアは契約書を見ないし、契約のための金額決定に関与することは多くない。「契約書の締結は営業の範中でしょ。」と初めから放棄している。

こんなことでは、金銭インセンティブによるプロジェクトのモチベーションの発揮は望めない。プロジェクトマネジャーたるもの、契約書の締結には大いに意見を言おう。

以上

PM受験のためのプロジェクトマネジメント講座
Web : http://www.pmjuken.com/
E-mail : info@pmjuken.com/