ニュース&トピックス

Verify(検証する)とValidate(妥当性確認する)


PMBOKガイド第5版が出版されたのは、英文は2012年12月、日本文は2014年1月である。日本文の出版に約1年を要するということは、翻訳作業がいかに労力を要するものかを示すものだろう。ここでは、変更の概要や詳細についてくどくどと述べることはしない。

 

しかし、Verify(検証する)とValidate(妥当性確認する)については、用語も訳語も

PMBOKガイドを学ぶ上で、大いに気にとめて欲しい用語の一つである。

先ず、英和辞書に当たってみると、以下の様に説明されている。

Verify・・・・ ~が真実であることを証明[立証, 確証]する;〈真実・行為などが〉〈予言・約束などの〉証拠[確証]となる, 実証する

Ex.  verify a theory by experiment

Validate・・・ ~の正当性を立証する, 実証[確証]する;~を有効にする

Ex.  My passport was validated for five years.

これでは我々一般日本人には違いがよくわからない。

 

PMBOKガイド第5版に以下の様に名詞形で説明されている。

Verification (検証)  プロダクト、サービス、システムなどが規制、要求、仕様、指定された条件などに適合しているかどうかを評価するプロセス。内部プロセスである場合が多い。

Validation(妥当性確認)  プロダクト、サービス、システムなどが顧客や特定のステークホルダーのニーズを満たしているということを確認すること。外部顧客による受け入れと適合性に関連することが多い。

とかなりはっきりしてきた。

 

PMBOKガイド第4版でも同様の説明があるが、Deliverablesを中心にみてみると、

図1

Verify Scope Process(スコープ検証プロセス)は、inputがValidated Deliverables(確認済み要素成果物)となっている。プロセス名の英語の選定もよくなければ、日本語約もよくない。混乱の元であった。

 

PMBOKガイド第5版では改善をしてきた。

プロセス名称をValidate Scope Process(スコープ妥当性確認プロセス)とし、inputがVerified Deliverables(検証済み成果物)となっている。ぴったりフィットしている。

 

ところが、PMBOKガイド第4版のITTO Changeを中心にみてみると、

図2

Perform Quality Control Process (品質管理プロセス)のoutputがValidated

Changes(確認済み変更)である。第4版はDeliverablesで混乱をきたしているのでこれは目をつぶる。

 

ではPMBOKガイド第5版では改善をしてきたか。

Quality Control Process (品質コントロール・プロセス)のoutputがValidated Changes(妥当性確認済み変更)である。「なんだ、このoutput用語は!」

変更の実施状況が品質コントロール・プロセスで品質確認された結果が、妥当性確認済みなのか。外部顧客による受け入れと適合性に関連していないのに、Validated (妥当性確認済み)を使用するのか。

 

「変更要求」から始まった「変更の検証」は品質コントロール・プロセスで一旦完了し、最後にプロジェクト又はフェーズのDeliverables(成果物)として妥当性確認をするということらしい。

 

成るほど、Verify(検証する)とValidate(妥当性確認する)については、用語も訳語も

PMBOKガイドを学ぶ上で、大いに気にとめて欲しい用語の一つである。

 

以上

PM受験のためのプロジェクトマネジメント講座
Web : http://www.pmjuken.com/
E-mail : info@pmjuken.com/